函館でおすすめする近場の観光スポット「函館トラピスチヌ修道院」[天使園/上湯川町]

函館でおすすめする近場の観光スポット「函館トラピスチヌ修道院」[天使園/上湯川町]

函館トラピスチヌ修道院

はじめまして、クノです。
今回の街歩は、函館空港からほど近くに建つトラピスチヌ修道院を訪ねて来ました。

日本初の女子修道院

函館トラピスチヌ修道院で知られている女子修道院は、正式名称を厳律シトー会天使の聖母トラピスチヌ修道院と言います。1893年(明治26年)にパリ外国宣教会のアンドレ・ベルリオーズ司教が、購入した70ヘクタールの土地に建てた旧孤児院を使い、1898年(明治31年)にフランスから派遣された8人の修道女によって日本で最初の女子観想修道院が創立されました。当初、木造で建てられていた修道院は、1903年(明治36年)に大きな嵐に襲われて崩壊しましたが、その二年後にレンガ造りの二階建て本館正面棟の一部が再建されました。1913年(大正2年)には本館正面棟と聖堂が竣工されましたが、これまでに1925年(大正14年)と1941年(昭和16年)の2回の火災に遭っています。大正の火災では、1927昭和2年の教皇ビオ11世からの義援金や寄付金によって再建がなされ、2回の火災を乗り越えて建つ現在の建物は、ゴシック様式とロマネスク様式が混在するデザインの美しい修道院です。

丘の上に建つ修道院は地形をそのまま利用̪した造りになっている為、正門を入ると直ぐに坂道がはじまります。車椅子にとってと言うよりは、介助者であるchikoちゃんにとって非常にキツイ坂道です。

大天使聖ミカエル像

正門をくぐって先ず目に飛び込んで来るのが、フランスから贈られた大天使聖ミカエル像です。キリスト教を日本に伝えた聖フランシスコ・ザビエルが、1549年(天文18年)に現在の鹿児島に上陸したのち、薩摩藩主である島津公に宣教の許しを得た日が、聖ミカエルの祝日である9月29日だったことから、ザビエルが聖ミカエルを日本の守護者と定たのです。

聖ミカエル像を過ぎると左手に休憩場が設けられています。

慈しみのマリア像

純白の聖母マリア像は、フランスのラ・トラップ修道院のマリー・ベルナルド神父の作で、何人もやさしく受け入れる様に両手を大きく広げた姿から「慈しみのマリア」と呼ばれるようになった像です。

旅人の聖堂

マリア像の左後方にあるのが、2000年の大聖年を記念して建てられた「旅人の聖堂」です。正十二角形の聖堂は、祈りを捧げる巡礼者が静かな時間を過ごせる様にとの願いから建てられた聖堂です。

聖堂の階段横にあるスロープは、車椅子で上るには勾配が少しきつい様に感じましたが、車椅子での拝観も可能になっています。

ルルドの洞窟

「ルルドの洞窟」があるエリアまで、階段の左手にあるスロープを使って行けます。

1858年、南フランスのルルド近郊にあるマッサビエルサの洞窟で、14歳の少女ベルナデッタ・スビルーが聖母マリアから18回にわたってお告げを受け、掘り当てた泉で様々な病気が治癒したと言い伝えられる洞窟のオブジェです。

車椅子で行けるのはここまで、目の前に立ちはだかる階段の向こう側を見ることは出来ませんでした。

聖テレジア像

1936年にフランスから贈られた聖テレジア像は、「幼いイエスの聖テレジア」として知られています。カルメル会の修道女として徳を積み「私が天に昇りましたら、地上に薔薇の雨を降らせましょう」と言った最期の言葉から、胸に抱いた十字架にバラの花があしらわれている像です。

修道女の祈りと生活の場

建物の中央部にある丸みのある部分が聖堂で、修道女が生活の中心となる毎日7回のミサと共同体の祈りを捧げる場所です。屋根の上にある白い鐘楼では、ミサや共同体の祈りの始まり、労働の終了時刻などに大小2つの鐘が鳴らされます。写真右下の「入会者の門」は、修道院に入会し神と人々への奉仕に一生を捧げる生活への境界となる門です。

ジャンヌダルク像

ピンクの薔薇の花ごしに見える剣と旗を持った像は、フランスから贈られたジャンヌダルク像です。ジャンヌダルクは、15世紀の百年戦争でフランス軍と共に戦ったが、政治的な思惑から宗教裁判にかけられ処刑された後に、無実の証明と名誉回復が成された史実から、神とフランスの人々の為に命を捧げた聖女として祀られています。

立ち入りが許されている最上部からは、函館山や津軽海峡を眺める事ができます。

ルルドの洞窟エリアから下りて来ると左手にある建物のレリーフです。

天使園

極め細やかな手入れがなされた中庭を時計回りに巡ると、旅人の聖堂の向かいに建つ「天使園」にたどり着きます。天使園には常設されている資料室と併設された売店があり、修道女が敷地内のお菓子工場で手作りしたマダレナやクッキーの他、ロザリオ、編み物、ポストカードなどの手工芸品が販売されています。

天使園内は撮影禁止になっています。

天使園の売店でしか買えないマダレナは、聖マダレナ(マグダラのマリア)に因んで付けられた名前で、1956年(昭和31年)の販売当初から変わらぬ製造法で小麦粉、鶏卵、バター、砂糖のみで作られているケーキです。マダレナは6個入り850円,シスターの手作りクッキーは6個入り300円でココナッツとプレーンの2種類があります。

天使園の正面は階段になっていますが、左手にスロープがあるので車椅子でも入館できます。

園外の売店

修道院の正門を出ると、目の前に休憩所もかねた市営の売店があります。

売店の裏に併設された広いイートインスペースで休憩もできます。

chikoちゃんがソフトクリームを買い求めていると、観光客が中国語で店員さんに話しかけると、店員さんが驚くほど流暢な中国語で対応し始めました。あとから店員さんに聞くと相当苦労して覚えているようです。

休憩スペースにある多目的トイレです。

売店横にも公衆トイレがあります。

あとがき

現在の修道院には約60名の修道女が在籍して居り、自給自足を原則とした祈りと労働(農耕、牧畜、製菓、工芸品の製作)そして聖なる読書を日課とした共同生活を行っています。祈りは、3時30分の起床から19時45分の就寝までに7回行われ「神と人々への奉仕を学ぶ愛の学び舎」での生活を送っています。

立ち入りが許されている前庭の天使園では、10畳ほどの資料館に修道女の生活を垣間見れる展示物があります。

お降誕のミサ

トラピスチヌ修道院では、クリスマス恒例の「お降誕のミサ」が市民や観光客を招いて行われています。ミサへの参加は、修道院の公式サイトや地元新聞の他、電話での申し込みも可能です。例年、11月末に一般公募が開始され60名ほどの男女がミサに参加しています。その他に3月末から4月初めの「復活徹夜祭」、8月15日の終戦記念日に行われる「平和の祈りの集い」で、ミサへの参加を呼びかけて共に祈る機会が設けられています。

お問い合わせ

厳律シトー会天使の聖母トラピスチヌ修道院

〒042-0914
北海道函館市上湯川町346
TEL 0138-57-2839 修道院
TEL 0138-57-3331 売店
営業時間

前庭の入園時間
夏期 8:00~17:00 冬期 8:00~16:30
天使園の売店
夏期 8:10~17:00 冬期 8:20~16:30

入場料 無料

じゃらんnet

函館・街歩きカテゴリの最新記事