函館郊外の隠れ家的フレンチレストラン「ブランヴェール」[フレンチ/亀田郡]

函館郊外の隠れ家的フレンチレストラン「ブランヴェール」[フレンチ/亀田郡]

函館郊外の隠れ家的フレンチレストラン「ブランヴェール」

はじめまして、クノです。閲覧いただきありがとうございます。
紹介する「ブランヴェール」は函館から車で15分の亀田郡七飯町にあるフレンチレストランです。

お店の脇には小川が流れ畑が点在する静かな環境のレストランです。車イスの受け入れをしてくれるレストランですが、構造的に車イスでの入店は大変です。

駐車場からアプローチまではフラットですが、玄関ポーチが約15cm高くなっていて車イスで上るのに手間取る高さです。玄関に入ると一般の住宅と同じ土間と上がりかまちがあるので、ここでも段差を上がるのが大変です。

予約時に車イスでの来店を伝えていたので、シェフがお手伝いと車イスのタイヤを拭くタオルまで用意してくれていました。店内はスリッパに履きかえる土足禁止とは知らず、車イスで絨毯ばりの床に上がるのは気が引けました。

内装は白を基調とした落ち着いた雰囲気で、少しオシャレをして訪れたい感じのレストランですよ。

テーブルの高さは車椅子だとちょっと低いので、携帯しているお盆をテーブル代わりに車椅子のヒジ掛けにセッチングしています。

はじめにシェフが料理の量をどうするのか確認があります。小食の方には量を調整してくれるようです。

オープンキッチンに立つオバマ前大統領のモノマネをする芸人さんに激似の田中秀幸シェフです。

本日の料理

熱々の野菜スープとクロワッサンに近い食感のチーズ入りプチパンです。

地元の新鮮な野菜をふんだんに使った前菜の盛り合わせとノンアルコールワインです。

旬のアスパラガスがそびえ立つ出汁の効いたアッサリ味のリゾットです。

北海道産の鮭をパイ包みにして地元のほうれん草と雲丹のソースが添えてあります。

道南産の牛のステーキに地元産のキャベツ、ピーマン、笹竹を付け合わせた赤ワインソースです。

ジャガイモにたっぷりのチーズをかけた濃厚グラタンです。

シェフからデザートの前に別腹の空き具合の確認がありました。デザートはクレームブリュレと苺のアイスクリームです。

食後のお茶にハーブティーを頼むと北海道の花でもあるハマナスのローズヒップティーが提供されました。

夏期の営業は眺めが良く冷房の効いた別室での営業になるそうです。

ブランヴェールはご夫婦で営業しているレストランですが、奥にある別棟で「ななつぶ」と言うレストランを火曜日と水曜日の限定で奥さんがランチ営業しています。

「ななつぶ」の情報は下記のリンクからご確認ください。

函館で女性に人気のランチ専門店「ななつぶ」[ランチ/七飯町]

あとがき

上記の写真は田中シェフが食のアドバイザーを務める七飯町の道の駅なないろ・ななえのフードコートです。

お問い合わせ

ブランヴェール

〒041-1122
北海道亀田郡七飯町大川6-12-36
TEL 0138-66-3005
Mail iofo@restaurant-blanvert.com

定休日 月曜日、第3火曜日
駐車場 15台分あり

ランチ 11:30~14:00ラストオーダー
2.100円ワンプレート、デザート付き
3.200円コース メイン3種類から1品
4.000円コース 低カロリー料理
ディナー18:00~20:30ラストオーダー
4.300円、6.000円、9.000円コースがあります。

フレンチカテゴリの最新記事