仁山の森の人気のパン屋さん「ヒュッテ」[パン/七飯町]

仁山の森の人気のパン屋さん「ヒュッテ」[パン/七飯町]

仁山の森の人気のパン屋さん「ヒュッテ」

どうも、クノです。閲覧いただきありがとうございます。

仁山高原スキー場の登山口にあるベーカリー店「ヒュッテ」の紹介です。こちらは2015年に店主が60歳で七飯町の「こなひき小屋」を息子夫婦に引き継ぎ、仁山の森で始めた小さなパン屋さんです。

仁山高原への登山道から細いわき道に入り、小川にかかるガードレールの橋を渡ると山小屋風の薪を積み上げたお店が現れます。森の中に溶け込むように建つお店は、いかにも美味しいパンが焼かれていそうな雰囲気を漂わせています。

夏にテラス席として使われるデッキに急な階段が3段ついているので、車イスでここを登るのはかなり難しいと思います。残念ですが車椅子での入店は断念することにしました。

焼きたてパン

北海道で収穫された道産小麦を使った食パンなどの定番商品から、ライ麦を使ったハードな食感のドイツパンや田舎風のフランスパン、地元の食材を使ったパンまで「親方」の愛称で親しまれる店主の木村さんが作りたい幅広い種類のパンが並んでいます。

田舎のぱん

仁山に暮らし始めて20年以上になる店主が、仁山らしい田舎のパンと呼ぶ仁山 Land brotは酸味のあるハードな食感のパンです。大き目のパンは切り売りもしており、このパンは100gm100円で写真は4/1カットで200円分です。

いちじくのぱん

噛むほどに道産小麦の旨味とプチプチっと弾けるイチジクの甘味が相性のいいいちじくのぱん1個200円です。

大沼あんぱん

かつて大沼駅で売られていた大沼あんぱんを、店主の記憶を頼りに再現させた復刻版こなひき小屋の大沼あんぱん3個入り250円は、塩気の効いたノスタルジックなあんパンです。
お店に並ぶパンの焼きあがりは通常は午前10時30分頃になっています。

お店の棚にはおかみさん特製の北斗産ブルーベリー&カシスジャム、りんごジャム、国産のレモンで作ったレモンガードなどのジャム類の他、函館市珈琲文庫の焙煎豆と有機栽培の紅茶も販売しています。どう言った繫がりかは分かりませんが、同じ棚に檜山なまこ石鹸や江差の斉藤籠屋の石鹸かごなど工芸品も置かれています。

カフェスペース

4席あるイートインスペースで提供される「ぱんとスープのセット」は、おかみさんがパンの魅力を伝えるため数種類のタイプのパンに自家製ジャムやパテ、近くの牧場で作られたチーズをのせたスタイルで提供されています。コーヒーとスープがセットになって800円です。

お問い合わせ

ヒュッテ

〒041-1101
北海道亀田郡七飯町仁山461-6
TEL 090-8909-0711

営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜日、水曜日

駐車場 あり

食べ歩きカテゴリの最新記事